Top > 子育て > スッキリしない子供が感じている不調とは?

スッキリしない子供が感じている不調とは?

ベジタブルから摂れるビタミンなどの栄養素は、縁の下の力持ちとして他の栄養の働きを助ける、体が生きていくのに必要な生理反応を調整するなどの仕事があります。

体内の細胞のひとつひとつに力を付与し、病気への抵抗力を高めるのになくてはならない栄養なのです。

 

 

レタスやトマトなどの野菜とかオレンジやイチゴなどの果物から摂れるビタミンは免疫のカギである白血球の働きを強化します。

 

 

いつもナーバスだったり、些細な事柄でぶちギレする子どもがますます多くなっていると感じています。

 

 

 

子どもも多くのプレッシャーを感じているからでしょうが、いつも食べているもの、特に砂糖の過剰摂取にも結びつきが感じられます。

 

糖類の過剰摂取は低血糖症につながっていきます。

 

白砂糖などの糖質は血糖を上げるスビートが急速です。

 

 

 

その抑制をするためにインスリンというホルモンが体内にたくさん放出され低血糖の様々な症状につながります。幼い時期は生活習慣をしっかりさせましょう。遅い時間に寝ると、朝に起きる時間も遅くなるので、生活リズムは徐々に狂っていきます。

そうして自律神経の調節も乱れて、大きくなるに従って、カラダや心の調子を悪くする事態にさえなります。3歳ごろの睡眠時間として望ましいのは、夜の8時就寝で朝は6時に起きるという感じの10時間ぐらいの睡眠です。

 

 

このリズムが3歳ごろまでに習慣化されていると理想的です。現代に生きる子供らは身長も高くて手も足もヒューと長くて、昔の人よりカッコよいスタイルをしています。この背景には炭水化物が多くなる日本古来の食事から肉類を中心とした欧米型のメニューに趣向が変わってきたためです。しかし、糖尿病やガンなど昔は日本には縁がないと思われていた病気なども多くなっています。そして気がかりは小児の生活習慣からくる病気も急激に数を増している状況です。子どもたちの便秘は近年増加傾向にあります。

 

 

 

うんちをため込んでいる子供の場合、すぐに疲れたり、集中力の欠如など生活の支障が観察されます。

 

スッキリしていないことが発覚したらすぐに対処しましょう。子ども向けの下剤やイチジク浣腸も入手できますが、そうしたものはどうしようもなくなった時の最後の方法としておき連用しないことです。

 

 

出来る限り本来の排便力を回復できるよう食事と生活習慣の両面からサポートしてあげましょう。

 

野菜の栄養としてミネラルも忘れてはいけません。ミネラルは体を成す成分であるともに、食べたものを消化し分解すること、老廃物を排泄すること、身体エネルギー産生など生命活動をほどよく加減する役割を持っています。

また野菜類はお通じを良くし、腸内の有害物もきれいに排出する食物繊維が豊富なことで知られています。この種のものは体の中では生産できませんから、食べるものを通じて満たすしかありません。海藻は血管の硬化の予防・改善に役立つ不飽和脂肪酸という脂質を含有します。

 

 

なかでも目を留めたいのはDHA(ドコサエキサエン酸)の効果です。

 

これは幼い子の知能の生育に役立つと言われている成分です。海藻類が希少な滋養分をもつのは、海の滋養が凝縮されたエキスを蓄積しているためです。海藻を利用したサラダなどを日々テーブルに並べて、海洋パワーで強い身体をつくりしょう。

 

成長の時期にある小児はしっかりと栄養の摂れる食物を美味しく食べられることが重要です。

 

そうは言うものの、驚くほど食べてしまうなら。

 

 

 

元来、人が備えるべき栄養素の平衡度合いが崩壊しかねません。これはある幼稚園ですが、子ども自身に食べられそうな程度のご飯をつがせて、子ども自身の欲している容量の感じとれるように教育しているようですが、いい方法だと思います。子供の便秘はオリゴ糖でスッキリ

 

子育て

関連エントリー
スッキリしない子供が感じている不調とは?